少々待っていたはずなトコ(笑)


 「もう、こんなに夜更けになってるのに」
 それなのにこんな明るい夜だなんて酷すぎる。
 「夜じゃないと、こんなことはできないさ」
 「この前、昼に抱いたくせに」
 言いたいことは、そんなことじゃない。
 「瑜、」
 衣擦れの音に慣れた耳は、もう何も反応しない。
 わざとだったのかどうかも忘れた。緩く結んでいた帯が、するするとほどかれていく。
 外気に晒されても、寒くないっていうのはいい。
 「誰にこんなに痕をつけられた?」
 「知らない」
 「今日は眠らせないからな」
 「いいけど、もう」
 でも、触れられて安心するのはこの人の指だけだ。
 目を閉じていても、すぐに分かる。反応できる。
 この指を際だたせるために、他の指に触れられているのだとしたら。
 もう自分は相当重傷なのだろう。


 誰かがつけた徴の上を、さらにきつく吸われる。
 「歯、立てないでよ」
 「今日はお前の言うことは聞かない」
 きっと赤くなって、明日まで残るのだろう。
 そんなこと、嬉しくなんかないはずだった。
 「痛いのは、嫌だって言ったのに」
 ほどかれた帯で、手首を合わせて結わえられる。
 「これ、どういう趣向?」
 「お前がいたずらできないようにしておかないと」
 「今日は、私に何もさせてくれないんだ?」
 「もう喋るな」
 きつく結ばれた訳じゃない。ほどこうと思えば、すぐにほどける。
 それでも、これを外そうとは思わなかった。
 「枷みたい」
 「枷のつもりだからな」
 「足りないよ?」
 余裕が欲しかった。
 笑ってみせることで、自分に余裕を残しておきたかった。
 「そんなこと、言えないようにしてやると言ったじゃないか」
 にやりと笑われても、困る。


 それでもこんなの、酷すぎる。
 「いつまで、こんなこと、」
 「こんなことって、何だ?」
 「言わせるつもりなの?」
 ずっとだ。
 さっきから、肝心なところには触れもしないで、それなのに反応するところばかり責め立ててくる。
 いつもなら、自分の方から動いてその気にさせられるのに、それもかなわない。
 「こんなじれったいの、やだよ」
 「だから、お仕置きだと言っただろう」
 近づいてくる快感の、最後のところがつかめなくて苦しい。
 「ちゃんと、してよ」
 もうこの手がほどきたい。
 牀の布の上をすべらせて、帯をほどこうとした。
 「駄目だ」
 「なんで?」
 すぐに片手で押さえ込まれる。
 「そんなに、して欲しいか」
 いつもなら、余裕があるのは自分の方なのに、今日は逆転していて悔しい。
 でも、限界なのに最後の限界が来ないだなんて苦しいだけだ。
 「して。触ってよ」
 待っているだけなんて嫌だ。
 「触らない」
 「酷い……っ」
 こんな寸前で止められるのが一番困る。
 「まあ、お前がそんなにイきたいんなら、こっちで協力してやろう」
 「は?」
 「あんまり酷いのも嫌だろうしな」
 にっこり笑う孫堅が、怖い。
 また、この笑い方だ。
 「あの、」
 望んでいたのではなく、その奥の方へと指がたどってくる。
 「待って?」
 「待たない」
 手をつかまれたままで、身動きがとれない。
 「準備が……」
 「馴らされてきたのだろう」
 「……」
 その通りすぎて何も言えない。
 「瑜、」
 「……っ」
 いきなりすぎる。


 「も、離してよ……っ」
 「駄目だ」
 とっくに限界なんて超えてしまった。
 膝に座らされらまま、何度も突き上げられて意識が飛びそうになる。
 「無理、だって……」
 何が無理なんだかもう自分でも分からない。
 「文台さま、」
 名前を呼ぶことしかできなくなって、どうしようもない。
 「文台さま……ぁ」
 きっと爪が伸びている。背中に傷を作ったかもしれない。
 そんなことさえ、どうでもいい。
 愛されてるってだけで、死にそうだった。
 「文台さま、だけだから」
 「分かってる」
 何が?
 そんなの、私にさえ分からないのに。
 分からなくていい、今は。
 「もう分かんなくしてよ、」


戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー